お風呂で行う毛穴ケアとは?

毛穴に汚れが溜まったり、毛穴が開いたりしてしまうと、肌状態が汚く見えるだけでなく、顔全体の印象が変わってしまいますよね。
なんだか肌全体が暗く見えるような印象になってしまいます。
そんな毛穴をケアするのにぴったりな時間が、お風呂タイムです。
お風呂の中は湯気があり、適度に蒸された状態だから、毛穴が開いて汚れが取れやすくなっているんですね。
だから、そんな絶交の毛穴ケアタイムを逃してはなりません。
お風呂に入ったら、まずは湯船に浸かって、顔にお湯を絞ったタオルなどを乗せて、毛穴をしっかり開いてしまいましょう。
そんな開いた状態の毛穴を、もこもこに泡立てた洗顔料などで泡を転がすようにして丁寧に洗顔します。
そうすることで、毛穴の奥に詰まった汚れまでしっかりと落とすことができるのです。
洗顔が終わったらお風呂から上がり、クレイパックなどでさらに毛穴の奥深くの汚れを吸着して落とすと効果的ですね。
入浴後すぐの開いた毛穴状態だと、パックでも汚れを落としやすいのです。
また、毛穴をお風呂タイムに十分に開いてケアしたら、そのあとは引き締めケアを行うことを忘れてはなりません。
洗顔やパックの後のお肌をきゅっと引き締めるのに効果的なのは、水パッティング。
冷たい水を使って顔をバシャバシャと何度も洗ってみましょう。
毛穴がきゅっと引き締まって、肌が明るくなります。

お風呂での毛穴ケアのコツ

冷たい水でバシャバシャ洗うのも、お風呂場なら水を飛ばしてしまうことも気にならず、気軽にできますね。
もちろん、これらの毛穴ケアが完了したら、お風呂上りにはしっかり保湿ケアを行うことも大切です。
化粧水で仕上げのパッティングを行って毛穴を引き締め、それから乳液やクリームで水分を閉じ込めましょう。
パックは毎日というわけにはいきませんが、お風呂場で蒸しタオルをしてからの丁寧な洗顔と水パッティングなら、お金も時間もかけずに毎日行えますね。
毎日の毛穴ケアを習慣にすれば、毛穴の黒ずみなどに悩まされることもなくなり、常にツルツル卵肌を維持することができますよ!
蒸しタオルが毛穴に良いということは、なんとなく知っている方も多いかもしれません。
でも、蒸しタオルを作るのは面倒という場合も多いでしょう。
そんな面倒な蒸しタオルが、入浴中ならお風呂のお湯で絞るだけでできてしまうし、冷めにくいというのも大きな利点ですね。
蒸しタオルを行っている間は、ゆっくりと半身浴して、良い汗を流しましょう。
お風呂場は、毛穴ケアには最適な場所です。
毎日しっかり湯船に浸かって、自分磨きの時間を楽しみたいですね。


«
»