ピンセットでの毛穴掃除は情況を悪化させる

毛穴に詰まった汚れというのは、非常に気になるものです。
そこでそんな汚れを、ピンセットを使って除去しようと考える方もいらっしゃいますね。
ですがこれは、なかなかの荒療治。
確かにピンセットで、毛穴掃除ができたら気持ちが良いものです。
角栓をピンセットでキレイに抜けた時の快感は、クセになってしまいます。

ですが、まずそのピンセットというのは、きちんと消毒してあるものでしょうか?
適当に保管してあったものを、そのまま使用してはいないでしょうか?
不潔なものを用いてケアを行うことで、雑菌が毛穴から侵入し、ニキビや炎症といった肌トラブルを起こす可能性が高くなってしまいます。

また、ピンセットで毛穴に触れる際には、どうしても角栓以外の部分にも触れてしまいますよね。
そうして周囲のお肌に傷をつけてしまえば、これも跡が残ったり、炎症を起こしてしまう原因になるのです。

そしてもう1つ、問題があります。
ピンセットで無理矢理に毛穴汚れを引っこ抜いた後には、ぽっかりと開いた毛穴が残ってしまいます。
すぐに引き締めるケアを行えば良いのですが、そのままの状態で放置してしまうと、開いた毛穴に汚れや雑菌が侵入しやすくなるのです。

このように、ピンセットによる毛穴掃除は、状況を悪化させる可能性が高い方法であると言えます。
たとえ、消毒したものを用いて丁寧に、慎重に掃除したとしても、肌を傷つける可能性は否めません。
では、気になる毛穴汚れは、一体どのように対策していけば良いのでしょうか?

一時期、大流行した方法の1つに、毛穴汚れをはがし取るタイプのパックなどがありますね。
ですがこのような商品は、肌が弱い人には不向きです。
現在の主流となっているのは、汚れを吸着する効果のあるクレイを用いた洗顔やパック、といったものでの毛穴ケアですね。
あるいは、毛穴の角栓を溶かし出す効果のある成分を含むクレンジングなども有効です。

これらの毛穴掃除の方法であれば、肌を傷つける心配も少なく、負担をかけずに毛穴ケアができます。
そのため、デリケートな肌の人でも行いやすい方法として人気となっています。

ただし、どのようなケア方法を行ったとしても、終わったら必ずたっぷりの化粧水でパッティングし、毛穴を引き締めること!
これを忘れると、開きっぱなしの毛穴になってしまいます。

毛穴ケアは、とにかく丁寧に優しく行うということが最大のポイントです。
肌を傷つけたり負担を与えてしまうと、情況を悪化させてしまうことになるので十分に注意しましょう!


«
»