塗るボトックスと言えば、アルジルリンですよね

でも、初めてその言葉を聞く方からすると、ボトックス注射を想像してしまって、若干心配にもなってきてしまいますよね。
ボトックス注射は、食中毒のボツリヌス菌毒素から取り出した成分を、しわの部分に注入するものです。
しかも、医者の技術によって成功率が変わるようです。
万一、ボツリヌス菌の注入部分や注入量を誤ってしまうと、表情に関する様々な副作用で、生活にも支障が出てくると言われています。
『塗るボトックス』と言う以上は、アルジルリンにも、このような危険性があるのでしょうか。
副作用などはあるのでしょうか。
アルジルリンは、家庭で手軽にしわ治療が出来るように開発された成分です。
なので、ボトックス注射のような危険性、副作用などは、ほとんどないと考えて良いでしょう。
しかも、このアルジルリンが開発されたのも、ボトックス注射が法律で禁止されているスペインなのです。
このような国が、敢えて、法律で禁止されるような危険性の高い成分を開発するなどとは、到底考えられないでしょう。
ところで、アルジルリンが、塗るボトックスと言われているのは何故なのでしょうか。
塗ると言うのは、そのままですね。
注射ではなく、アルジルリンを配合した化粧品を塗るだけで良いのです。

アルジルリンの効能

ボトックスと言うのは、ボトックス注射から来ているのですが、このボトックス注射と同じようなしわ治療効果が期待できると言うことです。
だから、これらをまとめて、『塗るボトックス』と言うことです。
でも、ここで誤解してはいけないのは、アルジルリンは、ボトックス注射で使用するボツリヌス菌とは、全く違う成分であることです。
ボツリヌス菌は、表情筋を麻痺させて、表情筋の動きを少なくすることでしわを無くすのです。
確かに、笑った時に口元や目元に笑いじわが出来たり、困った時や起こった時に、眉間のしわやおでこのしわなどが出来たりしますからね。
逆に、アルジルリンの場合は、表情筋の緊張を解くことで、表情豊かにしてしわを無くすのです。
なので、失敗して表情がこわばってしまったり、変な顔になってしまったりなどの危険性はありません。
アルジルリンの『塗るボトックス』と言うのは、ボトックス注射と全く同じものと言う訳ではありません。
あくまでも、ボトックス注射を打ったのと同じようなしわ取り効果を、塗るだけの化粧品で実現できると言うことです。
結果的には、同じような効果が家庭で実現できると言うことです。


«
»