肌断食の頻度は週何回が良い?

肌断食とは、いま人気の美容家が提唱している、洗顔以外は何もしないというスキンケア方法です。メイクや化粧水などを顔にいっさいつけないことで、ふだんのメイクを落とすための念入りの洗顔やクレンジングなどで弱ってしまった肌本来のバリア機能を回復させることができるといわれています。肌のターンオーバーの正常化、皮脂の分泌をコントール機能の適正化、そして女性には気になるコストの面など、肌断食はよいこと尽くめのメソッドなのです。
肌断食の頻度はどのくらいが適しているのかというと、個人差もありますが週に1度、2日間ほどでよいといわれています。たとえば金曜日の夜に仕事から帰ってメイクをしっかり落として、土曜日、日曜日は肌断食をするということでよいというわけです。月曜日にはふだん通りのメイクやスキンケアに戻ることができます。週に2日ほどなので、とくに無理をしなくても自分のスケジュールに合わせて簡単に取り組むことができるでしょう。
なぜ週に1度が理想的なのかというと、化粧水などでの保湿を数日やめると肌の水分量は低下してしまうというデータが出ていて、肌断食を毎日行うと人によっては肌の乾燥が悪化してしまう可能性もあるのです。ですから肌断食は長期間に渡って続ければ続けるだけいいというわけではなく、あくまでも肌のバリア機能やそのほかの機能を本来の力にリセットするためという目的があるので、自身の肌の状態をしっかりと見極めた上で行う必要があるでしょう。肌断食は週に1度2日間ほどがベストだといいましたが、無理して行う必要はけっしてありません。洗顔後に乾燥があまりにも気になるのであればクリームやワセリンを塗ることをオススメします。無理をせずに肌をしっかりと休めることで、肌の若返りというものを必ず実感できるようになるはずです。
そして、肌断食を行うことで、現在何気なく使っていたメイクやスキンケアのアイテムが自分の肌に合っておらず、実は肌トラブルの原因となっていたということに気づくこともあります。これは肌が本来の力を取り戻したからこそ感じられることでもあります。また肌を守るためにと過剰にスキンケアをしすぎていたということにも気づいたという人も多くいます。これも肌断食の大きなメリットです。週に2日間ほどであれば誰もが簡単に肌断食を続けることができます。自分の肌の力がどれくらいのものなのか確かめてみるためにも、ぜひ肌断食をおすすめします。


«
»